マイナチュレを成分から見た効果

三種の育毛有効成分

 

マイナチュレには多くの育毛有効成分が使われていますが、その中でも特に効果がある成分として、センブリ、酢酸DL-α-トコフェロール、グリチルリチン酸ジカリウムがあります。センブリは育毛効果のある生薬として、多くの育毛剤で使われている成分。酢酸DL-α-トコフェロールは血管を拡張して血行を改善する働きがあり、そしてグリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用で頭皮の炎症を鎮める他、肌質を強くしてくれる効果があります。

 

このような化学成分ではない成分を使用し、効果と安全性の両立に成功しています。その効果が認め荒れて、厚生労働省の承認を得た薬用育毛剤となっています。

 

 

27種類の天然植物由来成分

 

 

マイナチュレでは多くの植物由来成分が利用されています。その数は何と27種類。多ければいいわけではもちろんありませんが、多くの種類の植物エキスの効果を絶妙なバランスで掛け合わせたことで、育毛に必要な育毛促進・血行促進・保湿・フケ防止・頭皮ケアを可能にしています。天然の成分でこれらをカバーしてくれるのは、育毛に悩む人にとっては嬉しいことですが、技術的には簡単なことではないのです。

 

 

主成分の「三石(ミツイシ)昆布」とは?

マイナチュレの主成分は、日高沖産の天然の三石昆布から抽出したエキスです。海藻類、特に昆布は髪にいいと言われていますが、その中でも調査を重ねた結果、有効成分が非常に豊富とされたのが三石昆布。育毛に大事な、βカロテン、ビタミンB2、亜鉛、ナイアシンなどが、他の品種の昆布と比べてもバランス良く豊富なため、高い育毛効果が期待できます。

 

ちなみに、昆布のうまみ成分として知られるグルタミン酸は、髪の毛を作ったり細胞を活性化させるアミノ酸の一種です。マイナチュレには、このグルタミン酸をはじめとして、10種類のアミノ酸がプラス配合されていますから、細胞が活性化して育毛もどんどん進めてくれるのです。

 

 

長期間の使用も安心の無添加処方

薬用マイナチュレでは、安心の無添加処方になっています。育毛剤は使用感を高めたり、保存が利くようにするために化学成分を含むことが、しばしばあるのですが、マイナチュレではそうしたものを排除。香料や着色料はもちろん、パラペンや石油系界面活性剤など、育毛環境のダメージ要因となりそうな添加物11種類を使わずに作られています。

 

そのため、長期に渡って利用することになる育毛剤でも、頭皮にダメージを与える心配が無い作りといえるでしょう。また、育毛剤はちょっと刺激のあるニオイがする商品も少なくないですが、育毛剤のニオイで香水やコロンの香りをジャマされるのも困りますよね。女性たちにとって、育毛剤は目立たないほど良いので、無香料は嬉しいですね。

 

 

女性育毛剤の定番!詳細は画像をクリック↓