長春毛精を成分から見た効果

長春毛精は生薬を使った育毛剤

 

 

長春毛精の特徴は和漢を利用した育毛剤であることです。天然の植物由来の有効成分によって、頭皮環境の改善をはかり、また血行を促進。髪の毛の元になる毛母細胞に働きかけて育毛を活性化させていきます。成分としては以下のようなものがあります。

 

●甘草
漢方で最も多く使われるといわれる甘草。鎮痛、抗炎症、胃痛などに有効とされています。昔から熱を下げ、毒を取り除くといわれていて、多様に使われる生薬です。頭皮の炎症を沈め、肌あれを改善する他、多くの効果が期待できます。

 

●ヒノキ
家具の材料としても使われるヒノキには高い抗菌効果があるとされています。雑菌から頭皮を守り、健康な頭皮環境を作る効果があります。

 

●ショウキョウエキス
いわゆるショウガです。鎮痛作用や体を温めて血行を促進する作用があります。漢方では、体内の毒の排出を促す効果があるとも言われています。

 

●大豆たんぱく質水解物
大豆のたんぱく質は非常に良いたんぱく源です。髪の毛はたんぱく質から作られていますので、しっかり材料を補給しましょう。

 

●ヘチマエキス
ヘチマに含まれる成分には、皮膚細胞の活性化作用や、抗炎症作用があります。そのため、化粧水などにも多く使われている成分です。頭皮の細胞の機能を活性化させて育毛を促す効果が期待できます。

 

●ベニバナ
非常に歴史が古い生薬で、薬膳料理にも多用されています。主な効果は血行の改善と美肌作用で、血行の改善は育毛のキーポイントのひとつです。また、血行が促進されるため体内の毒素の排出も促されます。炎症や痛みを抑える効果もあり、頭皮の荒れを治し健康にします。

 

●アロエエキス
傷薬にも使えるということで有名なアロエには、鎮痛効果や抗炎症作用、そして殺菌作用に美肌効果など、多くの効果があります。また、育毛には嬉しい細胞を活性化させる効果もありますから、毛母細胞をしっかり刺激して育毛に効果を発揮してくれるでしょう。

 

●シャクヤクエキス
シャクヤクも非常に多く使われている生薬のひとつで、特に解毒効果や血行促進の効果が認められます。また、肝臓にも良い生薬で、血液にめぐる栄養を多くする、そういった効果があるとされているのがシャクヤクです。食事の栄養は肝臓で全身に必要な形に代謝されるので、肝臓も育毛には重要です。

 

●オタネニンジンエキス
いわゆる高麗人参と言われる、生薬の代表選手がオタネニンジンです。滋養強壮や血行促進、有害物質の解毒などの効果があり、摂取するだけでも体が芯から温かくなるのを感じる人もいるほどです。育毛にも有効な成分が多いといわれる生薬です。

 

●トウキエキス
トウキは特に女性に人気のある生薬で、婦人科系の疾患の多くをカバーします。女性の育毛の問題にはホルモンバランスの乱れも関わっているため、トウキの持つ調整作用は有効であると考えられます。また、血行を促進したり、造血を促すため貧血にも効果があります。

 

●ヨモギエキス
ヨモギには造血作用があり血液の質を高める働きがある他、新陳代謝を高め、老廃物の排出を促し、細胞の老化を防ぐ効果もあります。その他、肌や髪を健やかに保つ効果があるようです。

 

●コメ胚芽油
美肌効果があるとされるコメ胚芽油には抗酸化作用や抗炎症作用が含まれています。また、ポリフェノールも多く含まれていて、細胞の老化を防いでくれます。血液中の脂質の分解にも寄与するため、血行を促進する効果もあります。

 

発毛サロンから生まれた育毛剤!詳細は画像をクリック↓