CA101を成分から見た効果

発毛促進成分は生薬から

 

CA101の有効成分は漢方で言うところの生薬が使われています。オタネニンジンは薬効が高いといわれている高麗人参のことで、髪の毛や頭皮に対しても、抜け毛予防、発毛促進、育毛促進、フケの抑制など、多くの効果があります。

 

甘草から得られるグリチルリチン酸ジカリウムは、ニキビ薬や肌トラブルの医薬部外品に多く使われている成分で、皮膚の炎症を抑える他、皮脂の分泌量を調整する働きがあります。そのために頭皮を強くしてくれる効果があります。また、セファランチンも育毛効果や肌への効果が高いことで知られている成分で、独自技術でこれらを抽出・配合した結果、相乗効果によって高い発毛促進効果を発揮するようになったそうです。

 

生薬というのは自然界から得られるものですから、体に余計な負担を与えることなくこうした効果を得ることができます。長期間にわたって使われる育毛剤だからこそ、主成分が天然のものであるというのは安心ですね。

 

 

皮膚科学に基づいた植物エキスでのスカルプケア

頭皮はついつい忘れてしまいがちですが、肌の一部です。スキンケアを毎日行っている人は多いかと思いますが、スカルプ(頭皮)ケアは意外と見過ごされがちではないでしょうか。CA101では、美容液で肌をケアする感覚で、頭皮もケア。その成分には美容液と同じような成分も多く含まれています。

 

シャクヤクやローズマリー、センキュウにクララといった、美容液の成分としても多く使われている植物エキスを配合し、髪の毛が生まれる頭皮を美しく保ってくれます。頭皮のハリやツヤ、キメ、弾力などあまり考えたことがない、そういう方は使ってみると効果を実感しやすいのではないかと思います。

 

加齢と共に保水成分が皮膚の中から減っていきますが、CA101では肌の潤いを高める効果のある植物エキスが配合されていますから、頭皮のうるおいを保護し、バリア効果を高めて刺激に強い頭皮を作ります。加齢も薄毛の要因として大きいので、エイジングケアも重要なんですね。

 

 

約30種類のハーブをブレンド

 

使い心地にもこだわったCA101は、香りも肌触りもまるで美容液です。育毛剤には独特の香りやベタついた感じがあったり、育毛のために頭皮を刺激する成分が入っていることが多いですが、そういった感じはCA101には一切見られません。約30種類も配合されたハーブの力によって、必要な効果はしっかり発揮されつつも、優しい女性らしい香りやサラッとした化粧水や美容液のような手触りを提供します。

 

パッケージも美容液のようなオシャレなデザインで、清潔感のある白いボトルですから、見ても誰も育毛剤とは思いません。年齢を重ねるにつれて、化学成分や添加物の刺激のダメージは大きくなりますから、こうした要素が少しでも少ない育毛剤は非常に嬉しいですね。

 

 

美容しながら育毛活性!詳細は画像をクリック↓